【9月4日】おすすめのオーディオブックのお買い得情報《audiobook.jp》

本日2019年9月4日、AudioBook.jpでお買い得になっているオススメの本を紹介します。

このページのお買い得情報は9月4日PM6時のものです。

セール品は一定の時間で入れ替わるので、気になる本は早めに決済してくださいね。

おじさん
おじさん
価格を確認してからポチっとしてください

期間限定のお得な情報

期間限定のセールやキャンペーンをお知らせします。

今なら聴き放題プランが60日!

2019年9月22 日(日) 23:59まで!

AudioBook.jpでは、聴き放題プランの初回無料期間が通常30日→60日になるキャンペーンをおこなっています。

おじさん
おじさん
僕は、最初の頃40,000ポイントでも1か月で使い切ってしまいました。
少年
少年
本がセールになっていることを知らなかったから、減るのも速かったですね
おじさん
おじさん
もったいなこいとしてました

本日のお得なオススメ本の紹介

本日、AudioBookでお買い得なセールになっている本の中から、オススメの本を紹介します。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち/新井紀子

【2019年ビジネス書大賞 大賞!】

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」

著者:新井紀子

ナレーター:北林きく子

再生時間:08:16:22

出版社 :東洋経済新報社

通常価格¥1,620¥800(税込・47%OFF)

著者によると、鉄腕アトムの敵キャラのように人間に危害を加えるAI(人工知能)は、まだ先の話のようです。

ほっと一安心したいところですが、ホワイトカラーの仕事はどんどんAIに奪われていくと予想されています。

人間はAIに肉体的な危害を受けることは無いのですが、経済的にダメージを受ける時は、もうすぐそこまで来ているようです。

その一方で、現代の中高生の多くは、中学校の教科書の文章を理解できないことが分かってきました。

学力の無い人間同士が最低賃金の仕事を奪い合うような時代は、すぐそこかもしれません。

そんな時代に生き残れる人間とは?

AIに負けない人間とは?

著者は、生き残れる人間に必要なスキルは「一に読解、二に読解」と訴えます。

7日間で突然頭がよくなる本/小川仁志

【アタマを良くする哲学思考を7日間で!】

「7日間で突然頭がよくなる本」

著者:小川仁志

ナレーター:海老沢潮

再生時間:03:55:04

出版社 :PHP研究所

通常価格¥1,512¥800(税込・47%OFF)

本書は、物事をいろんな角度から見て、アタマをグニャグニャに柔らかくする本です。

アタマを柔らかくするには、物事の本質を掴む哲学の思考方法を使います。

つまり、「アタマがよい=物事の本質をつかめる」ということなのです。

たとえば、「リンゴってなんだろう?」の問いになんと答えますか?

「くだもの」しか出てこなかったら、アタマが少し固いかもしれません。

だって、iPhoneについているマークもリンゴですよね。

このように物事を色んな角度から見ることができると、ビジネスの中で不可欠な「論理的思考」や「コミュニケーション」「臨機応変な対応」な対応に応用することができます。

少年
少年
ある意味、ダジャレを言えるっていうのは賢いってことですね

なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか/岩本武範

【もうこれで「全然話さないやつだなー」とイジられない!】

「なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか」

著者:岩本武範

ナレーター:憩昇平

再生時間:03:54:28

出版社 :サンマーク出版

通常価格¥1,188¥800(税込・47%OFF)

なんだかんだ、一番孤独を感じるのは、大人数のなかで一人になったときではないでしょうか。

おじさん
おじさん
一人のときは、意外と孤独じゃないんですよね

本読は、「複数いる場で会話に困らないためにはどうすればいいのか」を追求した本。

飲み会にはそんなに参加しないのに、なぜか毎回お呼びがかかる絶妙な立ち位置を目指します。

著者は、京都大学大学院工学研究科で「なぜ人は物事を選択し、その行動をとるのか」について研究している岩本武範さん。

岩本さんは、あるグループインタビュー中に「4人以上になると話せなくなる」原因を突き止め、ついでに話せるようになる方法も発見!

飲み会でもパーティーでも4人で乗ったタクシーでも、もう雑談に困ることは無くなります!

なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則/日経トップリーダー編

【成功の理由は分からないけど、失敗の理由は分かる!】

「なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則」

著者:日経トップリーダー/編

ナレーター:市村徹

再生時間: 05:14:57

出版社 :日経BP社

通常価格¥1,728¥800 (税込・53%OFF)

これまで僕が見た倒産で一番印象に残っているのは、30前の夫婦が経営していた家具屋の倒産。

1歳の子供がいて、倒産前も親子が店内で楽しそうにしていました。

今考えると、店内で遊んでいたのも問題ありだと思いますが、とにかく倒産する気配を全く感じませんでした。

あの1歳の子供を連れて、どこへ逃げていったのかと思うと辛いです。

おじさん
おじさん
今は5歳くらいかな。幼稚園とか通えてるんだろうか

本書では、飲食店、洋服店、イベント会社など、中小企業23社の倒産事例が紹介されています。

成功の原因は人材、モノ、お金などの要因があるので特定するのは難しいですが、失敗の原因は特定できます。

つまり、この本を聴いておけば、自分の会社に倒産の兆候があれば、いち早く気付けるようになります。

たとえば、本書の1つ目に「遠藤商事」という格安ピザ屋の倒産事例が紹介されています。

遠藤商事は銀行からの借り入れに頼り、店舗数をどんどん増やしていき、やがて行き詰まりました。

もし、自分の勤めている会社が急拡大していたら、どうやって資金を調達しているのか、などを調べて危険を察知することができますよね。

少年
少年
急に大きくなると喜んでしまいそうですが、心配しないといけないんですね

成功よりも、失敗から学ぶことのほうが大きいです。

本を買うときは、先に月額会員になってポイントを買うとさらにお得に買えます。

AudioBookはこんな人に向いています

自動車によく乗る人
自転車通学をしている人
通勤時間が長い人
運動するのが好きな人
家事をする時間が長い人
本を読むのが苦手な人