【8月22日】おすすめのオーディオブックのお買い得情報《audiobook.jp》

2019年8月23日

本日2019年8月22日、AudioBook.jpでお買い得になっているオススメの本を紹介します。

セール品は深夜0時で入れ替わる可能性があるので、気になる本は0時までに決済してください。

本日のお得な本の紹介

本日、AudioBookでお買い得なセールになっている本を紹介します。

(8月22日21時時点)

自分のアタマで考えよう/ちきりん

「自分のアタマで考えよう」

著者:ちきりん

ナレーター:吉川雅子

再生時間: 04:32:40

出版社 :ダイヤモンド社

通常価格¥1,512¥907 (税込・40%OFF)

一生懸命に考えてプレゼンしたのに、上司から「ありきたり」「つまらない」と評価され、自信をなくしてしまうことは無いでしょうか?

上司が思わず唸ってしまうようなオリジナルなプレゼンをするには、過去の知識にとらわれない「未来」を考えることが必要です。

なぜなら、ある問題を考えるとき、人間は過去の「知識」を元に考えてしまうからです。

他人の考えた過去の「知識」を元に考えても、ありきたりでつまらないプレゼンになってしまうのは考えてみれば当然の話ですね。

僕の働く飲食業界でも、売上が下がったとき、チラシをうったり値引きをしたりするくらいしかアイデアが出てきません。

でも、チラシも値引きも他店がすでにやっていることなので、効果が出にくく、下手をすると値引き競争になってしまうかも知れません。

おじさん
おじさん
アイデアが出ないからこそ、オリジナルのアイデアを出すと非常に有利な業界です

本書では、ユニークな視点が人気のブロガー・ちきりんさんが、オリジナルのアイデアを出すための「思考のワザ」を教えてくれます。

これからの世界をつくる仲間たちへ/落合陽一

「これからの世界をつくる仲間たちへ」

著者:落合陽一

ナレーター:柳よしひこ

再生時間: 04:47:50

出版社 :小学館

通常価格¥1,404¥842 (税込・40%OFF)

これからの時代のコンピュータとの付き合い方が書かれた本。

付き合い方というよりも、コンピュータの進化によって、人間に変革が求められていることに警鐘を鳴らしています。

落合氏は、コンピュータが人間の生き方に根本的な変革を迫っているという。
世の中のすべてが変わる。


たとえば、これまでのホワイトカラーの仕事は、何もかもコンピュータに持っていかれる。


勉強していくら知識を得ても何の役にも立たない時代になる。


そんな世界で生き抜くためにどうすればいいのか。


落合氏は若者たちに熱く語る。


「魔法をかけられる側になってはいけない。魔法をかける人間になれ」と――。

audiobook.jpより引用

なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則/日経トップリーダー編

「なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則」

著者:日経トップリーダー/編

ナレーター:市村徹

再生時間: 05:14:57

出版社 :日経BP社

通常価格¥1,728¥1,036 (税込・66%OFF)

これまで僕が見た倒産で一番印象に残っているのは、30前の夫婦が経営していた家具屋の倒産。

1歳の子供がいて、倒産前も親子が店内で楽しそうにしていました。

今考えると、店内で遊んでいたのも問題ありだと思いますが、とにかく倒産する気配を全く感じませんでした。

あの1歳の子供を連れて、どこへ逃げていったのかと思うと辛いです。

おじさん
おじさん
今は5歳くらいかな。幼稚園とか通えてるんだろうか

本書では、飲食店、洋服店、イベント会社など、中小企業23社の倒産事例が紹介されています。

成功の原因は人材、モノ、お金などの要因があるので特定するのは難しいですが、失敗の原因は特定できます。

つまり、この本を聴いておけば、自分の会社に倒産の兆候があれば、いち早く気付けるようになります。

たとえば、本書の1つ目に「遠藤商事」という格安ピザ屋の倒産事例が紹介されています。

遠藤商事は銀行からの借り入れに頼り、店舗数をどんどん増やしていき、やがて行き詰まりました。

もし、自分の勤めている会社が急拡大していたら、どうやって資金を調達しているのか、などを調べて危険を察知することができますよね。

少年
少年
急に大きくなると喜んでしまいそうですが、心配しないといけないんですね

失敗から学ぶことは非常に大きいです。

AudioBookはこんな人に向いています

自動車によく乗る人
自転車通学をしている人
通勤時間が長い人
運動するのが好きな人
家事をする時間が長い人
本を読むのが苦手な人