iPhone(iOS)でKindle本を読み上げる方法!

AmazonのKindle本は、音声で読み上げる方法がいくつかあります。

今回はiOS(iPhone、iPad、iPod touch)の画面読み上げ機能を使って読み上げる方法を紹介します。

iOSの読み上げを設定する方法

では、iOSの読み上げを使えるように設定していきましょう。

設定はiOSの設定Kindleアプリの操作の順におこないます。

iOSの設定

まず、設定一般アクセシビリティスピーチの順にスピーチの設定画面を開きます。

スピーチの設定画面が開いたら、画面の読み上げをONにします。

これでiOSの音声の読み上げ設定は完了です。

Kindleアプリの操作

次に、Kindleのアプリを立ち上げ、本を一冊開きます。

雑誌など画像の本ではなく、小説など文字メインの本が良いです。

Kindleを使うのが初めてで、読む本が無い場合はKindle Unlimited30日間の読み放題無料体験ができます。

Kindle Unlimitedは初回30日無料

本を開いたら、画面上部から2本の指で下に向かってスワイプします。

おじさん
おじさん
うまくいかないときは、指をくっつけてスワイプしてみてください

これで下の画面のようなアイコンが表示され、読み上げが始まります。

☓印で読み上げを終了し、ウサギとカメのマークで速度を調整できます。

少年
少年
何倍速なのか表示されないのですが、たぶんMAXで4倍速です

読み上げが始まらないとき

下の画像のように読み上げないときは、文章の部分が画像になっています。

この場合は、他の本を試してみてください。

読み上げを最適化するには

本の読み上げは、ページをめくるときに少し間が空きます。

そこで、下のように文字サイズを小さくし、行間と余白を狭くします

こうすることで1ページに表示できる文字数が増えるため、ページをめくる回数が減ります。

読み上げを聴きながら文字を読んでいく方は、この設定は不要です。

iOS(iPhone)の音声サンプル

iPhoneの読み上げを撮影してみました。

ちなみにAmazon Fire7の音声読み上げがこちら。

さらにAndroidのTalkBackの読み上げがこちら。

iPhoneの読み上げの特徴

・図表があると読み上げが止まってしまいます

・AndroidやAmazon Fire7と比較すると音声が機械的に感じます。

・ちょこちょこ読み間違いがあります。

・iPhone を持っている方は、追加投資不要で手軽に利用できます。

・Androidに比べ、操作が非常に簡単です。

少年
少年
図表で止まってしまうのが一番の難点ですね
おじさん
おじさん
小説のような図表のない本には十分使えます

もし「これは使えねえ」という方がいたら、Audibleaudiobook.jpを検討してみてください。

やはり人間の生声の朗読のほうが聴きやすいのは間違いないです。

Audibleとaudiobook.jpは無料体験ができるので、気になる方は試してみてください。

Audibleの無料体験で好きな本を1冊読む

AudioBook.jpの聴き放題は、9月22日まで初回60日無料

まとめ

今回はiOSを使ったKindle本の読み上げ方法を紹介しました。

iOSの読み上げは、画像で止まってしまうのが一番の欠点ですが、文字だけの本なら満足できると思います。

読書量は年収に比例すると言われているので、ステップアップを目指す方に読書は必須だと言えます。

僕と同じように活字を読むのが苦手な方は、ぜひ試してみてください!