iPadとNoteshelf2でエクセル1やロジック3を紙1枚に書く

2019年6月29日

浅田すぐるさんの著書を実践するとき、エクセル1ロジック3を紙1枚にまとめられないことや後で検索できないことが私の悩みでした。

 

例えば、本やブログの記事を読み直すとき、思考プロセスが1枚にまとまっているとすごく見やすくなります。

また、セミナーや勉強会でもらった資料がメモと一緒になっていると、非常に便利です。

おじさん
おじさん
私がただの整理下手かな

 

それで前回は、その悩みを解決するためにiPadとノートアプリNoteshelf2を導入したことを紹介しました。

 

今回は、Noteshelf2を選んだ理由と、具体的な使い方を紹介します!

 

Noteshelf2を選んだ理由

iPadで使えるノートアプリはいくつもあります。

有名なのはNoteshelf2GoodNotes5で、このどちらかを選んでおけば間違いないです。

 

量販店にデモ版をインストールしている店があるので、可能なら一度操作をしてみるのが良いと思います。

おじさん
おじさん
私はヨドバシカメラでいじってきました

Noteshelf2

Noteshelf2

¥1,200posted withアプリーチ

 

GoodNotes5

GoodNotes5

¥960posted withアプリーチ

 

わたしがNoteshelf2を選んだ理由は2つです。

録音機能がついている

Noteshelf2のほうが図形の補正機能が優秀

 

他にも違いはありますが、特に気になったのはこの2つです。

 

録音機能

Noteshelf2は、メモをしながら録音することができます。

下の画像のように、録音した音声ボタンはいくつも好きな場所に置けます。

文字に書くのが難しいときにメチャクチャ便利な機能です。

また、他の人に説明するときも、文字だけより伝わりやすい資料作成ができます。

 

図形の補正機能

図形の補正機能とは、フリーハンドで描いた線を綺麗な直線や円にしてくれる機能です。

この機能は、浅田さんのエクセル1やロジック3を描くのに超便利です

 

図形の補正機能はGoodNotes5にも装備されていますが、Noteshelf2のほうが優秀なようです。

GoodNotes5は長方形を描いたつもりでも、台形に変換されてしまうことがあります。

少年
少年
どっちもメリット・デメリットはあるので、最後は好みで決めてください。

 

Noteshelf2でエクセル1やロジック3を描く

では、ここからはエクセル1やロジック3の描き方を説明します。

 

用紙

用紙はベーシックマス目入りを選びます。

マス目が苦手な方は、エクセル1とロジック3を描いた後に他の用紙に変更できます

 

次に、補正機能をONにして、下のようなマス目で綺麗にエクセル1を作ります。

マス目の数はお好みで調整してください。

 

ロジック3は、エクセル1と同じ原型なのでコピーして作ります。

ハサミのマークをタップしてから、エクセル1を適当にペンで囲んでコピーをタップします。

 

もう一度ハサミのマークをタップし、ペーストをタップします。(ペーストは他のページでも可能です)

 

これで複製ができました。

 

あとは体裁を整えればロジック3の出来上がりです。

これを原本にして、好きなページにコピペすれば簡単に表作成できます。

 

表のサイズ変更

作成した表の大きさは自由に変更できます

 

エクセル1のマス目を増やしたり、ロジック3の表全体を小さくしたり、配置も自由に変えられます。

 

私は表を書いた後、空欄に文章の下書きを書いたり、資料の写真も入れたりして1枚にまとめています

 

ここまでやっておくと、後で見返したときも一発で内容を思い出すことが出来ます

おじさん
おじさん
もう紙のノートには戻れません

 

まとめ

今回は、浅田すぐるさんのエクセル1やロジック3をiPadで1枚にまとめる方法を紹介しました。

 

iPadは最初の出費の負担が大きいのがネックで、2日間考えました。

ですが、早めにデジタルのノートに移行すれば、それだけノートの蓄積が増えると考えて、買ってみました。

実際に使ってみて、思った以上の便利さに感動しています

 

もし同じ様に悩んでいる方がいたら、ぜひ買って感動してください!